法人設立シリーズ② 「法人設立ワンストップサービス」を使って法人登記が終了しました #141

税金や会計のヒント

法人登記

申請欄の中の「登記すべき事項」がエラーになる現象について、返事が来ないので2日置きぐらいに催促のメールを出すも、「検討中」の回答が続きました。

ようやく原因が判明して、エラーメッセージが出なくなり、4月12日に申請手続終了の通知がまいりました。

ところが、今度は、申請の不備やらでちょくちょく連絡が来ました(一度にまとめて言ってくれると有難いのですが)。その都度、「不受理」というメッセージが届きます。もうちょっと、表現を変えてほしいです。「修正中」とか「保留中」とか。「不受理」と言われると拒否されたみたいで、ドキっとしますね(「不受理」って、不服審査請求ができるのでしょうか?)。 「不受理」を3回繰り返し、ようやく登記が完了しました。

福岡法務局の担当者の方と何度も電話でも話す中で、先方もできたばかりのシステムに詳しくないようでした。もしかしたら私が一番乗りだったのでしょうか。

しかし、これで晴れて法人が設立できました! 国税庁長官から通知された法人番号は、3-2900-0301-1079です。この番号は公開されますので、またまた、いろんな勧誘(営業)が来るのでしょうか? もしもそうでしたら、またここにアップいたします。

ここまでかかった費用は、登録免許税60,000円、司法書士に依頼した定款への電子署名5,000円、ネットで注文した印鑑3本セット5,550円、合計70,550円です。登記申請を司法書士に、健康保険や厚生年金の申請を社会保険労務士に依頼するとある程度の費用がかかるでしょう。私は自分でやりましたから、この分が節約になりました。

申請状況詳細

法人設立には、さまざまな書類を複数の役所に提出しなければなりません。法人設立ワンストップサービスには、それぞれの申請の状況が、「要再申請」(不受理分)、「処理中」、「終了」として表示されます。法務局において法人登記が完了したら、一斉に他の役所へ情報が行くようです。

私の状況は、次のとおりです。

提出先申請手続ステータス
福岡法務局設立登記の申請終了
八女税務署法人設立届出終了
八女税務署給与支払事務所等の開設等届出終了
八女税務署青色申告の承認申請終了
八女税務署源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請終了
八女税務署電子申告・納税等開始(変更等)届出(税理士代理提出・法人開始用)終了
福岡県久留米県税事務所法人設立・設置届(都道府県)終了
筑後市役所法人設立・設置届(市町村)終了
久留米年金事務所(福岡事務センター)健康保険・厚生年金保険 新規適用届処理中
GビズIDGビズIDプライムアカウント発行申請要再申請

八女税務署、福岡県及び筑後市は、問題なく申請手続きが終了しています。あとは、久留米年金事務所とGビズIDが残っています。

まとめ

私がこのサービスを利用したと思ったのは、ある程度の知識と時間があったこと、そして最大の理由は何事も自分で経験(勉強)してみたかった好奇心からです。偉そうに聞こえたら申し訳ないのですが、一定の知識と時間がないと、この法人設立ワンストップサービスは、簡単に利用できるものではありません。

ご自身の代わりにこれらの手続を代行してくれる士業は、税理士、司法書士及び社会保険労務士です。お金はかかりますが、餅は餅屋に任せる方が賢明ではないかというのが私の感想です。(まだ、すべてが終わった訳ではありませんが。)

【編集後記】

法人名は、「合同会社サポートグロース」です。

当初考えたのは、私の経営理念である「成長を支援する」をそのまま使用した「合同会社成長支援」です。しかし、女房から、「なんか怪しい会社に聞こえる。」と批判されたことから、成長(グロース)を支援(サポート)するということでこの名前になりました。横文字はあまり好きではないのですが、他に思い付かずこうなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました