法人設立シリーズ① 「法人設立ワンストップサービス」を使ってみました #126

税金や会計のヒント

合同会社設立

ただいま、合同会社の設立準備中です。

法人設立登記は、司法書士にお願いすればすぐに終わるのでしょうけど、自分でどれだけやれるのか挑戦しています。

オンラインサービス

今回使っている「法人設立ワンストップサービス」は、今までは、先行する一部の手続のみでしたが、2021年2月26日以降、すべての手続に拡大されました。肝心の「設立登記」がやっとできるようになりました。

ただ、内閣府ホームページからこのサービスが見つかりません。あまり力を入れていないのでしょうか。しかたがないので、国税庁ホームページのリンクから入りました。

なお、国税庁ホームページには、次のように記されています。以下、青字は、同ホームページを引用しています。

これまで法人を設立する際には、設立届出書の提出のような複数の各種手続を行政機関毎にそれぞれ個別に行う必要がありました。

「法人設立ワンストップサービス」では、マイナポータルという一つのオンラインサービスを利用して、これらの一連の手続を一度で行うことができるようになります。

メリット

  • 複数回の手続がいらない!
  • オンラインでできるので来庁しなくていい!
  • 24時間365日いつでも手続できる!

「来庁」(役所に来る)って、国民側ではなく役所側の立場で述べる表現ですね。「来なくていい」ではなく「行かなくていい」ではないでしょうか。

つまり、「オンラインでできるので役所に行かなくていい!」とすべきです。どなたか気付かなかったのでしょうか?

本サービスで行える手続

  • 国税・地方税に関する設立届
  • 雇用に関する届出(年金事務所・ハローワーク)
  • 定款認証・設立登記(令和3年2月26日から)
  • GビズIDの発行(令和3年2月26日から)

本サービス利用に必要なもの

  • 法人代表者のマイナンバーカード
  • マイナンバーカード対応のスマートフォンまたはパソコン
  • (パソコンをご利用の方のみ)ICカードリーダライタ

サービス開始日

令和3年2月26日(金)

運用時間

24時間

申請方法

2つの入口があります。

申請可能な手続一覧

法人設立及び設立後にどのような手続が必要なのかご理解されている方は、こちらからどうぞ。必要な書類をチェックしていくだけです。素早い手続が可能です。

かんたん問診・申請

ご自身が、どのような手続が必要なのか分からない又は自信がない方は、こちらからどうぞ。私は、こちらを選択しました。

次のように、「はい」「いいえ」「わからない」のいずれかをクリックしていくだけで、どのような手続が必要なにかを示してくれます。お役所が作ったにしては珍しく、インターフェースがとても優れています!

ただし、税務や労働保険に関する一定の知識がないと、どれを選択して良いか分からず、ここで手が止まる場合があるかもしれません。税理士や社会保険労務士が付いておられるならば、それらの専門家に相談してください。

私の場合、問診数は、23項目でした。問診により、必要な申請は、次のとおりの結果です。[ ]内は、申請先機関を示します。

  • 設立登記の申請[法務局]
  • 法人設立届出[税務署]
  • 給与支払事務所等の開設等届出[税務署]
  • 青色申告の承認申請[税務署]
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請[税務署]
  • 電子申告・納税等開始(変更等)届出(税理士代理提出・法人開始用)[税務署]
  • 法人設立・設置届(都道府県)[地方公共団体]
  • 法人設立・設置届(市町村)[地方公共団体]
  • 健康保険・厚生年金保険 新規適用届[年金事務所]
  • GビズIDプライムアカウント発行申請[経済産業省]

なお、かんたん問診で申請不要と判定された申請手続一覧を表示することができますので、ここで再度確認しましょう。

申請者情報の入力

確認が終了したら、「申請する」をクリックして利用規約に同意した後、申請者個人のマイナンバーカードを読み取ります。読み取りは、ICカードリーダライタでもスマートフォンでも可能です。

読み取られた情報が表示されますので、メールアドレスと連絡先電話番号を入力します。

なお、途中までの入力内容を保存することできます。ダウンロードとメール送信が選択できますので、私は後者を選択して保存しました。

ワンタイムパスワードの入力

登録したメールアドレス宛にワンタイムパスワードが送られてきますので、それを確認して、入力します。

申請情報の入力

28ページあります。結構なボリュームです。

各項目の「!」をクリックすると、記載のためのヒントが出てきます。

最初にこの作業をやっていたのは、日曜日です。途中、どうしても進まない部分があったので、国税庁ホームページに書かれているお問い合わせ先(マイナンバー総合フリーダイヤル)に電話しました。

オペレーターにはつながったのですが、1度目は「番号が間違っている」と言われ、2度目に掛け直した際には「平日しか応対していない」との回答でした。

電話を受け付ける日時が限定されているのならば、そうと書いておかないと、私のように、知らずに電話される方が他にもいらっしゃるかもしれません。

なお、法人設立ワンストップサービスのサイトには、電話での受付は、「平日9時30分~18時30分(年末年始12月29日~1月3日を除く。)」とちゃんと書いてありました。

返事待ち

翌日の月曜日に3回目の電話をしたところ、やっとオペレーターに繋がりました。

しかし、私の問い合わせに、「答えを持っていない」とのことで、エラーメッセージの部分をプリントスクリーンで画像化して、「問い合わせ」画面から送信するよう指示されました。

「全角文字」は何度も何度も確認していますので、「改行文字」の方の問題なのかと考えました。しかし、「改行文字」が何かは、ネットで調べても分かりませんでした。

質問は、「『改行文字』って何を入力するのですか?」という単純なものです。

現在、返事待ちです。あれから1日経ちましたが、まだ返事がありません…。急いでいるのですけど…。

ということで、続きは、いつかアップします。

【編集後記】

高校大学の合格発表がニュースに流れています。志望校に受かった方もそうでない方も、新しいステージに進みます。ご活躍を願っています。

ところで、テレビの学校紹介で、よく「文武両道」という言葉を聞きます。確かに、有名校に合格する生徒やスポーツで全国的に活躍する生徒が通っているようです。ただ、「文武両道」というのは、個人に当てはめて言うイメージを持っています。1人の人間が、勉学にも運動にも優れていることを言うのではないでしょうか。

〈昨日の健康〉

ランニング 13.26km 1時間31分35秒

コメント

タイトルとURLをコピーしました