previous arrow
next arrow
Slider
その他

資格を取るならどっち? 税理士と中小企業診断士 両資格を持つ私の考え #186

親和性 当たり前ですが、理想は、両方の資格を有することです。 税理士と中小企業診断士は、その業務の内容や目指すべき方向性から、とても親和性が良い資格です。「取るならどっち?」と言いながら申し訳ありませんが、両方取得されることを...
税金や会計のヒント

法人(資産、所得)課税関係の申請、届出等の様式 #185

はじめに 先日、次のブログに「(法人の申告書に添付すべき)勘定科目内訳明細書の様式は決まっていないようです」と書きました。 そうしたらすぐさま、審理(税法)に強い友人(税理士)がコメント欄に「法律にはないけど、通達...
経営のヒント

事業再構築補助金の採択率で下位に位置する認定支援機関の一団 #184

採択率上位 令和3年6月に事業再構築補助金事務局が発表した「事業再構築補助金の第1回公募の結果について」の中に、「認定支援機関別応募・申請・採択状況」が含まれています。 その、応募案件に対する採択割合の上位5位の機関は、次のと...
税金や会計のヒント

税制改正大綱に登場 存在感が増してきた「クラウド会計ソフト」 #183

クラウドの定義 私が初めてクラウドという言葉を聞いたのは、2008年(平成20年)頃です。当時クラウドは、ほとんど知られた言葉ではありませんでしたが、NHKのクローズアップ現代でクラウドの仕組みが紹介され、もの凄く興味を持ったことを...
その他

国税庁が酒類販売業者への要請を撤回 #182

内閣官房と国税庁が共同で出した要請 『酒類販売業者におかれては、飲食店が要請に応じていないことを把握した場合には、当該飲食店との酒類の取引を停止するようお願いします』 この要請が、昨日撤回されました。 可哀想な現場 ...
税金や会計のヒント

法人税の申告書に添付する勘定科目内訳明細書と事務概況説明書の提出根拠 #181

なぜ提出する? 先週、申告ソフトを使って法人税の申告書を作成するとともに、添付書類の勘定科目内訳明細書と事務概況説明書を作成しました。会計ソフトからデータを取り込んで作り上げ、確定申告書、貸借対照表及び損益計算書とチェックします。 ...
税金や会計のヒント

扶養控除の適用がないのに16歳未満の扶養親族を確定申告書に記載する理由 #180

はじめに ある日、知り合いの女性から、質問を受けました。 「それ程多くないがパート収入がある。市役所に申告の相談にいったら、担当の方から『16歳未満の扶養親族をあなたの扶養にすれば住民税がかからなくなる。』と聞いたが本当か。」...
経営のヒント

事業再構築補助金 第1回公募を振り返って~事業計画作成のアドバイス~を視聴しました #179

新たな動画がアップ 事業再構築補助金の第1回公募の採択が公表され、2本目の公式動画がYouTubeにアップされました。1本目のときに、私が書いた記事は、次のとおりです。 前回は、事業再構築補助金の概要を再度周知した...
経営のヒント

10年続く会社の割合が6%? 「国税庁のデータ」というけど本当か? #178

検索結果 ネットで検索すると、「国税庁のデータ」と称して「3年で50%、10年で6%の企業しか残らない。」(数字は、サイトによってバラツキがあります。)という記事をよく見かけます。ホントでしょうか? 私には信じられません。ガセネタだ...
経営のヒント

多くのビジネス書を読んで見つけた成功するための共通事項 #177

はじめに 起業する際、経営が上手くいかない場合、人は何かヒントを探して、誰かに相談する、ビジネス書を手に取るなどの行為を選ぶことがあるでしょう。 誰かに相談する 起業に当たり、どなたにも相談せずに進める方は、ほぼいら...
タイトルとURLをコピーしました