previous arrow
next arrow
Slider
自分語り

「クラウド会計ソフト『freee』の使い方セミナー【中級編】」を開催しました #233

よろず支援拠点福岡 私は、毎週月曜日、よろず支援拠点福岡で個別相談やセミナーを行っています。オンラインなので、事務所(筑後市)に居たままやれるのは、ホント助かります。利用者の皆さんも便利になったのではないでしょうか。オンラインに対応...
税金や会計のヒント

会計の専門家である税理士が戸惑う クラウド会計ソフトfreeeの設計思想④「決済・未決済」 #232

債権債務 債権債務に関する簿記での代表的な勘定科目は、売掛金・未収金、買掛金・未払金でしょうか。 「簿記の知識がない方でも使える」ことを標榜しているfreeeでは、(取引を登録する際に)このような勘定科目は普段は使いま...
税金や会計のヒント

会計の専門家である税理士が戸惑う クラウド会計ソフトfreeeの設計思想③「タグ」 #231

補助科目 補助科目とは、勘定科目を細分化したものです。例えば、「預り金」勘定では補助科目として「所得税」「住民税」「社会保険料」などを、「水道光熱費」勘定では「水道代」「電気代」などを設定します。これらは決算書には出てきませんが、経...
税金や会計のヒント

会計の専門家である税理士が戸惑う クラウド会計ソフトfreeeの設計思想②「口座」 #230

口座 freeeでは、「口座」や「口座振替」という言葉を頻繁に使います。(以下、freeeヘルプセンターに記されている部分を青字で引用します。) freeeではお金の動きを表現するのに「口座」という言葉を用います。一般的に「口...
税金や会計のヒント

会計の専門家である税理士が戸惑う クラウド会計ソフトfreeeの設計思想①「マイナス仕訳」 #229

簿記とfreee freeeの「よくあるご質問」には、「Q. 初心者でも使えますか?」という問いに対して、「A. はい、freee会計は経理がはじめてのかた、簿記の知識のないかたでもお使いいただけます。」と記されています。 と...
経営のヒント

まるで飲食店に特化した事業再構築補助金 令和4年度外食産業事業継続緊急支援事業のうち業態転換等支援事業公募(第1次) #228

なぜ農水省? 飲食店への補助金なのですが、主体は農林水産省です。公募要領にある事業の目的を見ても、農林水産業者のためではなく、あくまでも「飲食店」の支援です。「飲食店を助けることで結果的に農林水産業者を助ける」ということであれば、そ...
経営のヒント

ウクライナ情勢の影響で輸出入にお困りのみなさまへ #227

BCP 表題のリーフレットが、経済産業省のホームページにアップされていますが、内容を下に記しておきます。もともとあった制度を中心に、ウクライナ情勢により輸出入の影響を受けている方を優先するという感じでしょうか。興味がある方は、それぞ...
相続

「終活のススメ」と銘打った終活セミナーを実施しました #226

セミナー依頼 6月上旬に開催される総会において、総会後にセミナーを行ってほしいとの依頼がまいりました。 主催者側と話し合った結果、終活セミナーを行うことになりました。終活は自身でもずっと前からやっていたし、相続税セミナーもやっ...
税金や会計のヒント

インボイス導入で考える③ インボイス導入のために使える3つの補助金(IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金) #225

インボイス導入にかかる費用 インボイス導入にかかる費用として、私が思い付くのは、次のとおりです。 システム導入(修正)費用インボイス対応のための専門家への報酬請求書や領収書などの印刷代(手書きの場合)取引先が適格請求書発行事業...
税金や会計のヒント

インボイス導入で考える② 免税事業者の益税と損税 #224

免税事業者とは 2年度前の売上が1,000万円以下の事業者は、原則、免税事業者(消費税を納める義務がない)です。 そのため、本来納めるべき消費税が事業者の手元に残ることとなり、利益が発生します。これが、いわゆる「益税」と呼ばれ...
タイトルとURLをコピーしました